グレインフリーが愛犬の健康維持に良いと言われる理由をこっそりご紹介!

グレインフリー

巷では、市販で売られているドッグフードを購入するよりも価格が高くなるが、愛犬たちの健康を守っていくためにグレインフリーであるドッグフードを与えている飼い主さんが増えて来ているようです。

それに伴って、ドッグフードを製造販売しているメーカーさんの中でも一部でグレインフリーのドッグフードを販売しているところがあります。

今回は、愛犬の健康維持に期待されているグレインフリーについて紹介していきます。

森くん

グレインフリーってよく聞くけどイマイチ知らないことから一緒に勉強しよう!

グレインフリーとは?

そもそもグレインフリーとは、グレイン(穀物)を使っていないことをさします。

ドッグフードで言うグレインは、よく入っている穀物類(大麦・小麦・トウモロコシ)になり、これらを使ってないドッグフードがグレインフリーと呼ばれています。

ただ、グレインフリーは主となっている穀物類を使っていないだけで、愛犬たちに悪影響の少ない穀物に置き換えていることもあります。

代わりのグレイン(穀物)は何?

穀物(イネ科とマメ科)

大麦や小麦などはイネ科の穀物なのですが、イネ科の穀物は基本的に、愛犬たちが消化を苦手とする原材料となっているため、比較的に消化のしやすいマメ科の穀物へと置き換わっています。

何故グレイン(穀物)は与えるべきではないのか?

基本的に愛犬たちは穀物の消化吸収が苦手なため、消化しきれず残ったものが蓄積していきます。

その蓄積した物が消化器官に負荷をかけてしまい穀物以外の物もうまく消化吸収できず栄養を取ることが難しくなってしまいます。

なので、消化器官がうまく働いていない子や年齢を重ねた子には、たくさん与えるのは控えた方がいいですね。

また、穀物はアレルギーや太ってしまう原因になるとも言われています。

森くん

食べられない事はないんだけど、やっぱり体に負担かけてるのは嫌だよね…

グレイン(穀物)によるアレルギーって?

主に穀物で引き起こされるアレルギーは、食物アレルギーになります。

穀物の小麦やライ麦などには、パンを作る際に粘りの成分となるグルテンが含まれています。

このグルテンは穀物のたんぱく質なのですが、これは愛犬たちの食物アレルギーの原因になりやすいとされているのです。

食物アレルギーの症状としては、「皮膚・毛並みの状態が悪い」や「鼻炎」、「下痢」などがあります。

これらの症状を少しでも避けるため、穀物の小麦やライ麦などが使われていないグレインフリーが増えてきているのです。

森くん

少しでも体の負担を減らしていくことは、結局健康の維持に役立つからありがたいね!

グレイン(穀物)で何故太ってしまうの?

全ての穀物が太る原因になりやすいわけではなく、イネ科の穀物が太りやすい原因を抱えているので、「穀物は太りやすい」と言われています。

その原因とは、穀物に入っている成分の1つの”炭水化物”なのです。

炭水化物は、人と犬どちらとも消化しやすく血糖値を上昇させやすい成分です。

血糖値が上昇してしまうと、本来燃やされる脂肪よりも先に血糖値のブドウ糖を燃やす燃やすようになります。

なので、脂肪が燃やされることなく蓄積していく原因を作ってしまい人と犬の太る原因となってしまうのです。

太る原因を少しでも減らすべく、イネ科の穀物でなく炭水化物の量が少ないマメ科の穀物を使っているドッグフードもあります。

森くん

ふくよかな子たちは炭水化物のとりすぎかも!

グレインフリーとグルテンフリーの違いって?

グレインフリーとグルテンフリーの違い

グレインフリーとグルテンフリーは、時々見間違えたりそもそも言葉の意味を一緒だと勘違いしてしまうことがありますので、両方の違いについて紹介していきますね。

グレインフリーはそのままグレイン(穀物)の使用をしていない物に対して称する言葉になります。

グルテンフリーは上記で説明した通り、小麦やライ麦などに含まれているアレルギー源になりやすいたんぱく質は使用していないことをさしています。

ただグルテンフリーは、成分が入っていないことに対してなので、穀物を使っていないわけではありません。

そのため、グルテンフリーの食べ物では原材料表記では穀物が明記されています。

森くん

穀物不使用をグルテンフリー!そして、穀物のたんぱく質が使われてないのがグルテンフリー!ってことだね!

グレイフリーによるメリットとデメリットは?

グレインフリーのメリット・デメリット

もし、愛犬たちがグレインフリーのごはんやドッグフードを食べるようになったことで、考えれるメリットとデメリットを紹介します。

グレインフリーのメリット

  • 消化吸収を邪魔されることが少なくなる
  • アレルギー持ちの子でも食べられる
  • 主原料が肉や魚主体になる
  • 肥満予防になる

森くん

アレルギーを気にせず栄養がとれて、肥満予防できるのは嬉しいね!

グレインフリーのデメリット

  • コストパフォーマンスの悪さ
  • たんぱく質を多く含んだ原材料が増える
  • 穀物の炭水化物を取りにくくなる

森くん

価格は市販の物より高くなりやすいから、サブのドッグフードとかいりそうだね。

グレインフリーのドッグフードの選び方

実際にグレインフリーのドッグフードを購入しようと思ったときに参考にしていただきたい選び方を3つ紹介します。

使われている主原料の確認

グレインフリーはアレルギーの原因となる穀物を避けて作られているわけですが、この他にも愛犬たちに悪影響を引き起こす可能性がある原材料があります。

チキンミールやフィッシュミールなどは、加工品のあまりを原材料にしている物があり、これらは愛犬たちの体の調子を崩してしまうことがあるので避けるべき原材料です。

なので、これらが入っていない主原料のグレインフリーを選ぶようにしましょう。

添加物の有無

無添加のドッグフードがあるように、添加物を使っているドッグフードには、添加物によって悪影響を受けることがあります。

天然由来の添加物の場合は特に問題はないのですが、化学合成でできた添加物を使っている場合、洗浄やチェックなどをされていると言っても、極稀に化学物質が残ってしまい、愛犬の健康維持を妨げることがあります。

なので、できれば添加物を使っていない無添加であると良いのですが、最低でも天然由来の添加物を使っているドッグフードを選んでください。

必要な栄養のたんぱく質が摂れる

愛犬たちの健康と成長に必要とされている栄養の一つのたんぱく質。その中でも、動物から摂取できる動物性たんぱく質は、愛犬たちにとってうれしい栄養の一つです。

せっかく、健康を守っていくためにグレインフリーを選んで購入するのですから、栄養面からも健康サポートをするために、たんぱく質がちゃんと摂れるドッグフードを選びましょう。

森くん

絶対これを基準に!ってわけではないから、あくまでも参考程度にね!

グレインフリーの国産ドッグフードについて

穀物を使ったドッグフードが多い日本のドッグフード業界にも、実は国産のドッグフードにもグレインフリーが増えて来ています。

現在おすすめのグレインフリードッグフードは、ナチュロルドッグフードになります。

ナチュロルドッグフードは、グレインフリーだけでなく必要な栄養である動物性たんぱく質をしっかりと摂ることができ、尚且つ無添加で高品質を保っているドッグフードになっています。

グレインフリーの数が増加しつつあるドッグフード業界ですが、まだまだ数が少ないのでもっともっと愛犬たちに優しいグレインフリーのドッグフードが増えてもらいたいところです。

森くん

安く購入できることは大事だけど、体にいいドッグフードがもっと増えてほしいなぁ!

まとめ

グレイン(穀物)を摂ることによって、アレルギーの原因や炭水化物による肥満化などの問題が発生してしまうところ、グレインフリーの食べ物に変えることで少しでも抑えることはできます。

今後、愛犬たちと一緒に長く暮らして行けるようグレインフリーのドッグフードを検討してみてはいかがでしょうか。